海洋葬の決まり事とマナーとは

自然の中に遺骨を返す自然葬の中に、海洋葬というものがあります。日本での認知度はまだ低いですが、お墓を作る際にかかる費用や、管理していくことが厳しいというケースが増えている現代で注目されつつあります。


まだあまり知られていないので、決まり事やマナーを守らずトラブルになってしまう場合もあります。

間違った方法で海洋葬をしてしまうと最悪の場合、法律に触れてしまいます。

主な決まり事としては、海に遺骨を撒くときは必ずパウダー状にして撒くという事があります。

遺骨をそのまま海に投げ入れてしまうと遺骨遺棄罪というものに該当してしまう可能性がある為、必ず細かく粉砕してから海に撒くようにしましょう。

海洋葬のマナーとして最も注意しなければならないことは、喪服で行ってはならないという事です。

海には漁をしている方や、家族でレジャーを楽しんでいる人もたくさん居ます。

遺骨を撒いているという事が周囲の人にわかってしまうと、不快な思いをさせてしまいます。
その為、必ず私服で行うようにしましょう。

また、海に思い出の品や手紙などを投げ入れる場合は大量に投げ入れないようにしましょう。

海洋葬はこちらのサイトで情報公開中です。

食べ物などを包装しているビニールや箱などはすべて取り除かなければなりません。

47NEWS情報を簡単に請求できます。

手紙の場合は必ず水に溶ける紙を使い、海を汚してしまわないように心がけるようにしましょう。決まり事やマナーをきちんと守らなければ、たくさんの人に迷惑をかけてしまいます。

故人を気持ちよく送り出してあげるためにも、遺族は事前に決まり事やマナーをよく理解しておかなければなりません。